レディー

タトゥー除去ならクリニックを受診する|まずは相談から始めよう

白い肌に戻す治療

刺青

刺青は、深い場合にはなかなか消えませんが、美容外科でのレーザー治療なら、短期間で除去することが可能です。レーザーの熱で、刺青を焼いてかさぶたのような状態にしてから除去するのです。レーザーで焼くことが難しいほど刺青が深い場合には、肌ごと切り取る手術や、別の肌を縫いつけて隠すという手術がおこなわれます。

More Detail

確実にタトゥーを消せる

刺青

植皮法は、大きなタトゥーを除去するのに適したタトゥー除去方法です。太ももやお尻の皮膚を採取して、タトゥー部分に移植する方法です。一回の施術で確実にタトゥーを隠せるので、通院回数も短く、とても効果的な施術といえます。

More Detail

脂肪を超音波で破壊する

施術を受ける人

ウルトラアクセントは施術後赤くなったり腫れたりすることもあるため、飲酒や運動、入浴などは避けることが大切です。またより早く効果を実感するためには、リンパ液や血液の流れをマッサージやその他の施術によって促してあげるのが良いです。

More Detail

削るか残すかの二者択一

ウーマン

除去すると傷跡が残る

若い人の間ではタトゥーを入れるのが1つのファッションになっています。しかし一方ではタトゥーを取り除きたいと思っている人も3人に1人の割合でいるのも事実です。タトゥーを入れる前に知っておいてほしいのは、入れる時よりも除去する時の方が遙かに難しいという点です。難しいというより、不可能といってもいいぐらいです。タトゥーの特徴は表皮の一番下にある基底層よりも更に深いところにある真皮層にまで墨を入れることです。そのため表皮を削るだけではタトゥー除去はできないのです。ただしレーザー治療を行っているクリニックでは、跡を目立たなくする治療ができるところもあります。タトゥー除去を希望する人はそのようなクリニックを見つけて、まず相談することです。

カバーシートを使う効果

タトゥー除去のその他の方法としては、切除法があります。タトゥー部分の皮膚を切り取って周囲の皮膚を縫い縮める方法です。また植皮方というのもあります。これはタトゥー部分の皮膚を削り取って、太股などの皮膚を移植する方法です。どちらの方法も肌を完璧に元通りにすることは難しいのです。クリニックによっては削皮法というタトゥー除去を行っている所もあります。これは墨の入った皮膚を薄く削り取る方法で、丁寧に行うと傷跡が目立たなくなります。ただし難しい手術なのでクリニックの選び方が重要になります。最終的には治療の傷跡が残ってもタトゥー除去をするか、それとも現状のままでタトゥーを目立たなくするかの二者択一になります。現在はタトゥーを目立たないように工夫できる商品が色々とあります。例えば肌色のカバーシールを貼るとわからなくなります。温泉に入っても大丈夫なので、このような工夫をすることも可能性の1つとして考えるべきです。